ニューヨーク・ウォール街にある標識(ロイター=共同)

 ニューヨーク・ウォール街にある標識(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比09銭円安ドル高の1ドル=132円92銭~133円02銭を付けた。ユーロは1ユーロ=1・0314~24ドル、137円34~44銭。

 朝方発表された7月の米卸売物価指数が予想に反して前月比で低下したのを手掛かりに、円は対ドルで一時1ドル=131円74銭まで急伸。その後、米長期金利が上昇したのを受け、日米の金利差拡大を意識したドル買い円売りが優勢となった。