息の合った演奏を披露する徳島佐苗会・青の会=徳島市の徳島城博物館

息の合った演奏を披露する徳島佐苗会・青の会=徳島市の徳島城博物館

 長唄グループ「徳島佐苗会・青の会」(杵屋佐篠主宰)による三味線の演奏会が12日、徳島市の徳島城博物館であり、約50人が情緒豊かな音色に聞き入った。

 会員9人が出演。旧徳島城表御殿庭園から7人が「盆流し唄」を演奏しながら登場し、館内の特設ステージで、阿波踊り気分を盛り上げる「阿波踊り慕情」や「徳島麦打ち唄」など5曲を披露した。観客は、息の合った演奏に盛んに拍手を送った。

 鳴門市に帰省中の愛知県春日井市の奥田洋子さんは「趣のある演奏ですばらしい。かけがえのない伝統文化を改めて大切にしていきたいと思った」と話した。