バスケットボール男子の日本代表は13、14日にゼビオアリーナ仙台でイラン代表と国際強化試合を行う。12日は試合会場で最終調整し、練習後に取材に応じたガードの富樫(千葉J)は「国を背負ってやる試合には変わりない。しっかり勝ちを目指してやっていきたい」と気を引き締めた。

 イランには7月のアジア・カップ1次リーグで敗れ、特にリバウンド数は31本対44本と劣勢だった。そのうち11リバウンドを奪われた身長218センチのハダディが今回は欠場の見通し。ホーバス監督はアジア杯でいずれも20得点を許したヤフチャリとジャムシディを警戒し「2人を止めることに集中する」とした。