内閣改造で就任した秋葉賢也復興相と西村明宏環境相が12日、それぞれ福島県庁を訪れて内堀雅雄知事と面会し、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興の現状について話した。

 秋葉氏は、帰還困難区域の避難指示解除が一部で進む一方で、今も多くの避難者がいて「重要課題が山積している」との認識を示した。内堀氏は「複合災害からの復興再生には長い時間がかかる」と述べた。

 秋葉氏は会談後の記者会見で、原発処理水の海洋放出に触れ「決して風評被害を生じさせないという強い決意のもとで、科学的根拠に基づいた情報発信に取り組む」と語った。