6日に行われたアウェー新潟戦の前半21分、相手の鋭い左クロスに対し、自陣ゴール前に飛び込んで頭でクリア。体を張った守りでピンチを防いだ。筋肉系の故障を経て、約4カ月ぶりに出場した主将は「改善点もあるが、90分通してハードワークできた」と手応えを口にする。

 チーム最年長の36歳。リハビリをしている間も…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。