岸田文雄政権が発足した昨年10月から総務副大臣を務めていた自民党の中西祐介氏(参院徳島・高知選挙区)が12日、内閣改造に伴う人事で退任した。新たな地域活性化策「デジタル田園都市国家構想」や、自治体の行財政基盤強化などを進めた10カ月を振り返り「充実していた。この経験を徳島の発展に生かしたい」と述べた。

 ―激務を終えての感想を。

 公務や政務に加え…