葉梨康弘法相は15日の閣議後記者会見で、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関係が深いとされる月刊誌「ビューポイント」のインタビュー取材を受け、2008年ごろ記事が掲載されたことがあったと明らかにした。これまでは、旧統一教会とは関係がないと説明していた。

 葉梨氏によると、旧社会保険庁のずさんな年金記録管理が問題になっていた当時、旧社保庁の労働組合の「ヤミ専従」に関し、インタビューに応じていた。

 葉梨氏は、10日の法相就任時点では旧統一教会との関わりはないとしていたが、その後判明したと説明した。