米軍艦に特攻した旧日本軍機のエンジンに花を手向ける杉浦武さん=15日午後、沖縄県今帰仁村の古宇利島沖

 沖縄県今帰仁村・古宇利島沖の海底で15日、地元ダイバーが太平洋戦争末期の沖縄戦で米軍艦に特攻した旧日本軍機のエンジンに花を手向け、慰霊した。付近には特攻を受けた米軍掃海艦「エモンズ」も沈む。日米双方の戦死者を悼み、今ある平和への感謝の思いをささげた。

 潜ったのは、約20年前のエモンズ発見当初から調査や慰霊を続ける嘉手納町のダイビング店代表杉浦武さん(55)。水深約45メートルの海底に膝をつき、エンジンに日本酒や花を供え、手を合わせた。慰霊を終え「あの戦争から得た教訓が、未来につながることを願いたい」と語った。