ニューヨーク証券取引所のディーラーたち=15日(ロイター=共同)

 ニューヨーク証券取引所のディーラーたち=15日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け15日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続伸し、前週末比151・39ドル高の3万3912・44ドルで取引を終えた。インフレ鈍化への期待が継続し、買いが優勢となった。

 先週発表の経済統計でインフレがピークを越える兆候が示されたことなどを受け、米連邦準備制度理事会(FRB)が9月に決める利上げ幅を0・5%に縮小するとの見方が強まった。投資家がリスク回避姿勢を和らげ、消費関連銘柄などが物色された。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、80・86ポイント高の1万3128・05。