マリナーズ戦の3回、クロフォードに適時打を許したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 マリナーズ戦の3回、クロフォードに適時打を許したエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 ▽エンゼルス―マリナーズ(15日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷は「2番・投手兼指名打者」で出場し、投手では6回を投げ、1本塁打を含む7安打2失点、8三振1四球1暴投で勝敗は付かず、10勝7敗のままだった。防御率は2・69。打者では4打数1安打だった。内容は二ゴロ、見逃し三振、左飛、捕手内野安打で打率2割5分4厘。チームは2―6で負けた。(共同)