徳島県警は17日、老人ホーム入居権の名義貸しに絡むトラブル回避名目で、徳島県内の高齢女性が600万円をだまし取られる架空請求詐欺被害に遭ったと発表した。

 捜査2課によると、7月中旬、女性宅の固定電話に住宅設備会社の社員を名乗る男から電話があり、「町内にできる女性専用老人ホームの入居権があなたにある。入居を希望する町外の人に名義を使わせてほしい」などと求められた。女性は名義貸しを承諾し、携帯電話の番号を教えた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。