阿南市出身の宗教哲学者で京都大名誉教授の鎌田東二さん(71)=京都市左京区=は、どうやら猫好きらしい。そして、とても優しい人だ。徳島県立文学書道館で行われた鎌田さんの講演に合わせて新聞記事を読み返していて、しみじみと感じた。

 1995年、オウム事件が世間を騒がしていた頃、奥さんが4匹の子猫を拾ってきた。ごみ置き場に捨てられており、見るに見かねて家に連れ帰った。そのうち、2匹は間もなく死んだ。残った2匹のうち一匹は里親が見つかったが、もう一匹は鎌田さん宅で飼われることになった。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。