プロ棋士編入試験5番勝負の第1局で徳田拳士四段(右)と対局する里見香奈女流五冠=18日午前、大阪市の関西将棋会館

 プロ棋士編入試験5番勝負の第1局で徳田拳士四段(右)と対局する里見香奈女流五冠=18日午前、大阪市の関西将棋会館

 女性初の将棋棋士を目指す里見香奈女流五冠(30)が挑むプロ棋士編入試験5番勝負の第1局は18日午前10時、大阪市の関西将棋会館で始まった。試験は新人棋士5人と対戦して3勝すれば合格で、初戦は徳田拳士四段(24)と対局。里見五冠の挑戦がスタートした。

 白っぽいスーツ姿で現れた里見五冠。振り駒の結果、後手番に。大一番を迎えても普段の対局と変わらない様子で、淡々と指し手を続けていく。駒組みが進み、里見五冠は得意の中飛車戦法で試験官の徳田四段に挑んでいった。

 現行制度の受験者は今泉健司五段(49)らに続いて3人目。女性では初めてで過去2人はいずれも合格している。