協定書を手にする茨城県の大井川和彦知事(左)と佐賀県の山口祥義知事=18日午後、水戸市

 茨城県と佐賀県は18日、性的少数者などのカップルの関係を公的に証明する「パートナーシップ宣誓制度」の連携協定を結んだ。両県の間で転居する際の手続きを簡素化し、利用者の負担を軽くする。都道府県間の協定締結は全国で初めて。

 パートナーシップ宣誓制度は、都道府県ではこれまでに8府県が導入している。ただ法律上の制度ではなく、自治体独自の制度のため、転居先の県庁などに出向いて宣誓をやり直す必要があった。今後、両県では必要書類を郵送するだけで手続きが完了する。

 協定では、両県の情報交換を進め、利用サービスの向上につなげていくことも盛り込んだ。