ファッションデザイナーの時代の終焉―。11日の森英恵さん、それに先立つ5日の三宅一生さんら著名デザイナーの相次ぐ死去は、個人の感性とセンスで服作りをしたデザイナーの時代から、大資本を背景にした組織力とブランド力で勝負する時代へと変わったことを象徴的に映し出した。

 森さんが東京・新宿に洋裁店「ひよしや」を開いたのは1951年。外国製の美しい生地を仕入れていた森さんの店は評判で、「ファッションデザイナーの卵」だった三宅さんや高田賢三さん(2020年死去)…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。