ロシア極東の石油・天然ガス事業「サハリン2」を巡り、日本の電力・ガス会社の一部が、ロシア側が設立した新たな運営会社と契約する方向で検討していることが19日、分かった。