日本バドミントン協会は19日、女子シングルスで2016年リオデジャネイロ五輪銅メダリストの奥原希望(太陽ホールディングス)が、右脚の疲労骨折などのため22日開幕の世界選手権(東京体育館)を欠場すると発表した。