ニューヨーク・ウォール街にある標識(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比292・30ドル安の3万3706・74ドルで取引を終えた。米長期金利が上昇し、相対的に割高感が意識されたIT株が売られたのが相場全体を押し下げた。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを続けるとの見方も再燃し、景気後退への懸念から投資家がリスク回避姿勢を強めた。ダウ平均は高値圏が続いていたことから、利益確定の売りも出た。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数も反落し、260・12ポイント安の1万2705・22。