ブルワーズ戦の1回、適時二塁打を放つカブス・鈴木=シカゴ(ゲッティ=共同)

 ブルワーズ戦の1回、適時二塁打を放つカブス・鈴木=シカゴ(ゲッティ=共同)

 【シカゴ共同】米大リーグは19日、各地で行われ、カブスの鈴木はシカゴでのブルワーズ戦に「4番・右翼」で出場し、一回に適時二塁打を放つなど3打数1安打1打点だった。チームは8―7で競り勝って4連勝。

 エンゼルスの大谷はタイガース戦に「1番・指名打者」でフル出場し、3打数無安打だった。チームは1―0で勝った。

 レッドソックスの沢村は4―8の四回途中から2番手で登板し、1/3回で1本塁打を含む2安打1失点だった。チームは10―15で敗れた。