古民家が立ち並ぶ大洲城(愛媛県大洲市)の旧城下町にクラフトビールの醸造所「臥龍醸造」がオープンした。併設されたバーでは造りたてのビールを楽しめる。企画した地元企業の担当者は「ビールを入り口にして多くの人に旅行に来てもらい、市の魅力を知ってほしい」と呼びかけている。

 かつて養蚕・製糸業が盛んだった大洲市。折り箱製造販売業「アライ」が企画し、製糸工場の跡地の赤れんが倉庫を改装した。醸造するクラフトビールは4種類。王道の「ペールエール」、後味がスパイシーな「ベルジャンホワイト」、がつんとした苦みの「IPA」、フルーティーな香りが特徴の「ニューイングランドIPA」だ。臥龍醸造のホームページでも購入できる。