タヒチ・プロで5位に入った五十嵐カノア=18日、タヒチ((C)WSL/Ryder・共同)

 タヒチ・プロで5位に入った五十嵐カノア=18日、タヒチ((C)WSL/Ryder・共同)

 サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)第10戦、タヒチ・プロは19日、フランス領ポリネシアのタヒチで最終日が行われ、男子で東京五輪銀メダルの五十嵐カノア(木下グループ)は準々決勝敗退で5位となり、年間6位から5位に浮上して9月の最終戦進出を決めた。

 2024年パリ五輪の会場予定地で行われ、五十嵐は準々決勝で11・04点を出し、ミゲル・プポ(ブラジル)に2・03点及ばず敗れた。M・プポがCT初勝利。女子はコートニー・コンローグ(米国)が制した。

 勝者が年間タイトルも獲得する最終戦は9月8日から米カリフォルニア州で実施予定。(共同)