アフリカ開発会議(TICAD)の開会式にオンライン出席した岸田首相(画面)。右端は林外相=27日、チュニジア・チュニス(外務省提供・共同)

 アフリカ開発会議(TICAD)の開会式にオンライン出席した岸田首相(画面)。右端は林外相=27日、チュニジア・チュニス(外務省提供・共同)

 アフリカ開発会議(TICAD)のメディアセンターのモニターに映る林芳正外相=27日、チュニジア・チュニス(共同)

 アフリカ開発会議(TICAD)のメディアセンターのモニターに映る林芳正外相=27日、チュニジア・チュニス(共同)

 27日、チュニジア・チュニスでアフリカ開発会議(TICAD)に参加したサイード大統領(右)と林芳正外相(AP=共同)

 27日、チュニジア・チュニスでアフリカ開発会議(TICAD)に参加したサイード大統領(右)と林芳正外相(AP=共同)

 岸田文雄首相の演説ポイント

 岸田文雄首相の演説ポイント

 【チュニス共同】日本が主導する第8回アフリカ開発会議(TICAD)が27日(日本時間同)、チュニジアの首都チュニスで開幕した。岸田文雄首相は開会式にオンラインで出席し、今後3年間で官民合わせて総額300億ドル(約4兆1千億円)規模の資金を投入すると演説。アフリカを「共に成長するパートナー」と位置付け、「人への投資と成長の質を重視する」と表明した。

 途上国を借金漬けにして支配を強める「債務のわな」や、環境・人権への配慮を欠く開発支援が指摘されている中国との違いをアピールした形。

 首相は、持論の「成長と分配の好循環」で強靱なアフリカを実現したいとした。