大量のコンテナが並ぶ佐古駅構内=1972(昭和47)年、本社所蔵写真

大量のコンテナが並ぶ佐古駅構内=1972(昭和47)年、本社所蔵写真

 ずらりと並んだ鉄道貨物用コンテナ。「国鉄」の表示や「戸口から戸口へ」のキャッチコピーが描かれている。

 この写真は1972(昭和47)年に徳島市の佐古駅を撮影したもの。同駅は徳島線と高徳線の分岐駅で、67年に貨物列車のコンテナ基地が併設されてからは、旅客駅でありながら貨物駅のような雰囲気になっていた。

 駅の改札を入ると貨物側線があり、コンテナを積んだ貨物列車が出発を待っていた。貨車の入れ替えで小型機関車が駅構内を行き来し、エンジン音と、連結器がガチャガチャとぶつかる音が響いた。

 82年に佐古駅周辺の高架工事が始まり、コンテナ基地は徳島駅へ移転。貨物列車は国鉄のJR移行を待たず86年に廃止された。佐古駅は93年に高架駅となり、風景はがらりと変わった。