丸めた新聞を飾り付け、クリスマスリースを作る園児たち=徳島市立木工会館

 徳島市福島1の市立木工会館で12日、近くの渭東保育所の園児26人がクリスマスグッズ作りを体験し、一足先にクリスマス気分を味わった。

 藍染作家の近藤美佐子さん(64)=東みよし町昼間=と木工作家の小山和子さん(53)=徳島市津田海岸町=が指導。園児たちは丸めた新聞をアルミホイルや小物で飾り付けてクリスマスリースを作ったり、こけしに顔を描いてサンタクロースに仕上げたりした。

 夢中で取り組んでいた菊石悠人ちゃん(6)は「こけしに接着剤でフェルトを貼るのが面白かった」と話し、完成品を大事そうに持ち帰った。

 同館で同日始まった「楽しい手作り市」(15日まで)の一環で、子どもたちに手作りの魅力に触れてもらおうと企画した。14日には一般向けのワークショップも開かれる。