協定書に署名する徳島新聞専売所長=徳島市の加茂名中

 徳島市加茂名地区の3小中学校とPTAなどは13日、各校区を配達区域とする徳島新聞の4専売所と、子どもの見守り活動に関する協定を結んだ。深夜徘徊や登下校時の異変などに気付いた際、学校や関係機関へ速やかに連絡してもらう。

 協定を結んだのは、加茂名中学校、加茂名小学校、加茂名南小学校、各校PTA、加茂名地域ネットワーク会議と、名東町、蔵本、加茂名北、南庄町の4専売所。

 夜間に外出していた中学生2人が犠牲になった大阪府寝屋川市の男女遺棄事件を受け、深夜や早朝の見守り態勢を強化しようと、新聞配達業務で各地を回っている専売所に協力を要請した。

 加茂名中で締結式があり、関係者が協定書に署名した。

 名東町専売所の亀谷正信所長(59)は「将来を担う子どもたちが安全安心に暮らせるようお手伝いしたい」と話した。