那賀町合併10周年記念式典が14日、同町和食郷の鷲敷中学校体育館であり、町民や県内自治体の首長ら約400人が節目を祝った。

 坂口博文町長が「合併当時は地方切り捨て論もささやかれ、厳しい財政状況だったが、住民一丸となって逆境を乗り越え、今日までこられたことに感謝したい」とあいさつ。町政功労者ら111人と1団体が表彰され、初代町議会議長の宮本十三男さん(77)=同町朝生、農業=が「今後も力を振り絞り、町発展に貢献したい」と謝辞を述べた。 

同町木頭地区出身で電子書籍取次業・メディアドゥ(東京)の藤田恭嗣社長(42)が「地元貢献について」と題して講演。鷲敷小学校金管バンドの記念演奏もあった。

 那賀町は2005年3月1日、鷲敷、相生、上那賀、木沢、木頭の5町村が合併して発足した。15年10月末時点の人口は9144人。