1日に設置された冷凍クレープの自販機=徳島市福島2丁目

 冷凍クレープの自動販売機が、徳島市福島2に設置された。高松市のクレープ店「ツインベルカフェ」の商品を扱っており、やわらかくしっとりした生地に甘さ控えめのホイップクリーム、旬のフルーツを使った人気の味が楽しめる。

夏いちご&練乳ミルクとわらびもち&和三盆黒蜜のセット(1000円)

 クレープはチョコバナナや夏イチゴ、香川県東かがわ市産の和三盆糖の黒蜜を使用したわらびもちクレープなど現在4種類をラインアップしており、2本セットで1000円。購入して5分ほど経過した「半解凍」の状態が最もおいしくてオススメという。2日に一度の頻度で商品を追加している。

品質を長く保って24時間販売できる

 自販機はレストラン・シェリフ福島店近くの道路沿いにある。設置したのは塚原喬税理士事務所(徳島市)代表の塚原喬さん(36)。以前から冷凍自販機業者とつながりがあり、香川県へ足を運んだ際にクレープの冷蔵自販機を見つけて関心を持った。業者に尋ねると徳島に冷凍クレープの自販機はなく、品質を長く保って24時間販売できる利点を生かせると考え、設置を試みた。

 扱う商品は「徳島にはない有名店の味を選びたかった」と、テークアウト店とキッチンカーを展開し、冷蔵自販機も設置して広く親しまれているツインベルカフェに依頼した。

 塚原さんは「クレープ以外のスイーツも加える予定で、変化が楽しめる自販機として利用してほしい」と話した。(富樫陸)

その他の新店情報はこちら