美馬市長選が25日に告示される。立候補を表明しているのは、いずれも新人で市議の武田喜善(きよし)(73)=脇町小星=と中川重文(68)=脇町拝原、前副市長の加美一成(かずしげ)(64)=穴吹町穴吹=の3氏。市長辞職から1カ月余りでの選挙戦となる中、市の課題を探った。

 「適正な事務処理は市政に対する信頼の基本。改めて綱紀粛正を徹底する」。藤田元治市長=当時=は、市議会6月定例会本会議で語気を強めた。職員の事務処理ミスの発表がこの月に2件続き、再発防止への思いを新たにした。しかし、この2カ月後、自らが公選法違反罪で略式命令を受け、辞職に追い込まれた。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。