美馬市の総人口は、1950年の6万3898人をピークに減少が止まらず、今月5日時点で2万7713人となった。人口ビジョンでは、2060年に1万3174人まで減ると推計されている。若年層を中心に県外や他市町村へと転出する社会減が継続。少子高齢化で死亡数が出生数を上回る自然減も拡大傾向だ。人口動態は「負のスパイラル」の状態にある。

 人口減少に歯止めをかける施策の一つとして、藤田元治前市長は基幹産業の充実を挙げた。市外に市場を持つ製造業や農林業、観光業などの発展を下支えして幅広い世代の雇用の場を確保するとともに…