熱帯低気圧の進路予想図。23日午前9時には日本の南の海上で台風となっている見込み(22日午前9時時点、気象庁のウェブサイトより)

熱帯低気圧の進路予想図。23日午前9時には日本の南の海上で台風となっている見込み(22日午前9時時点、気象庁のウェブサイトより)

 気象庁は22日未明、日本列島の南方海上にある熱帯低気圧が今後北上し、台風に発達する見込みだと発表した。午前9時の観測では、台風となって24日午前9時には紀伊半島沖にあると予想されており、その場合、徳島県内では23日から24日にかけて台風の影響で雨となる可能性がある。

 気象庁の22日午前9時の観測によると、熱帯低気圧は日本の南の北緯25度55分、東経137度25分にあり、時速25キロで北西に進んでいる。中心の気圧は1006ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルとなっている。

 23日午前9時には日本の南の海上で台風となる見込み。24日午前9時には紀伊半島沖に接近し、中心気圧1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートルと予測されている。

 この進路をとった場合、台風周辺の湿った空気の影響で徳島県内は23日から24日にかけて雨となりそうだ。