徳島県が新ホールを建設するため、徳島市の県青少年センターなどを解体して確保した敷地は南北に細長い。大ホール棟は北側(徳島中央公園側)の端に位置する。1階から入ってエスカレーターで2階へ上がると、大ホールホワイエ(待合スペース)がある。

 なぜ2階にあるのか。「大ホールの中心部に徳島城跡の遺構があるのが分かり、これを現地保存するため」。6月の徳島県議会総務委員会で、文化・未来創造課の担当者はこう説明している。発注条件を盛り込んだ要求水準書では「現地保存する埋蔵文化財に留意した設計」を求めており、優先交渉権者となった熊谷組などでつくる共同事業体(JV)が出した答えが「2階に上げる」というものだった。