「映画の現場は楽しいです」と語った光石研 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の光石研(60)が22日、都内で行われた『第44回ぴあフィルムフェスティバル2022』のメインプログラムであるコンペティション「PFFアワード」の表彰式に出席し、入選した若手俳優にエールを送った。

【写真】審査員特別賞を受賞した南香好監督と光石研

 同コンペティションの最終審査員として名を連ね、表彰式ではプレゼンターを務めた光石は、総評を述べる中で、「僕は俳優でして、審査員なんてやれる立場ではありません」と謙そんしつつ「映画の現場はものすごく楽しいです」と語った。

 「16歳の時、初めての映画の現場に惚れてこの業界に入ってきました。今もみんなで一生懸命作って、できあがったときには、今はコロナで難しいですが、祝杯をあげています。なので、皆さんもみんなを楽しませる作品を作ってください」と力を込めた。

 続けて「もしもプロの監督になる方、プロヂューサーになる方がいらっしゃいましたら、おじさん俳優のご用命は、私、光石研にお願いいたします」と一礼。「その際に『PFFアワード2022』とつけていただければ特別価格でやらせていただきます」と冗談を交えながらもエールを送った。

 最終審査を担当したのは光石のほかに菊池健雄監督(44)、浪曲師・曲師の玉川奈々福、で、俳優のとよた真帆(55)、三島有紀子監督(53)で、同イベントにも出席。今回は、520本の応募作品の中から審査を経て16作品が入賞した。

【受賞作品一覧】
■グランプリ
『J005311』河野宏紀監督(26歳/神奈川県出身/上映時間93分)
■準グランプリ
『スケアリーフレンド』峰尾宝監督(23歳/東京都出身/上映時間76分)、高橋直広監督(23歳/東京都出身)
■審査員特別賞(3作品)
『the Memory Lane』宇治田峻監督(27歳/和歌山県出身/上映時間25分)
『MAHOROBA』鈴木竜也監督(27歳/宮城県出身/上映時間14分)
『幽霊がいる家』南香好監督(31歳/神奈川県出身/上映時間12分)
■エンタテインメント賞(ホリプロ賞)
『水槽』中里有希監督(20歳/山形県出身/上映時間53分)
■映画ファン賞(ぴあニスト賞)
『瀉血』金子優太監督(20歳/東京都出身/上映時間86分)
■観客賞
『スケアリーフレンド』峰尾宝監督(23歳/東京都出身/上映時間76分)、高橋直広監督(23歳/東京都出身)
■入選
『アクト』田中夢監督(38歳/千葉県出身/上映時間78分)
『石川君、行け!!』高階匠監督(32歳/東京都出身/上映時間80分)
『彼は誰時(かわたれどき)』谷本桃子監督(21歳/青森県出身/上映時間15分)
『暮れる』竹田優哉監督(25歳/広島県出身/上映時間52分)
『バンド』河村陸監督(24歳/千葉県出身/上映時間28分)
『ふちしすこ』亀井史興監督(40歳/新潟県出身/上映時間69分)
『ポラン』中村洸太監督(23歳/東京都出身/上映時間75分)
『最も無害で、あまりにも攻撃的』中田江玲監督(23歳/東京都出身/上映時間40分)
『Lock Up and Down』Minami監督(27歳/北海道出身/上映時間34分)


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。