新型コロナウイルス感染者の全数把握が26日から全国一律で簡略化される。業務が逼迫(ひっぱく)する医療機関の負担軽減が狙い。徳島県内でも、詳細な個人情報などを記した発生届の報告対象が、高齢者など重症化リスクの高い人に限定される。対象外の患者は人数と年代のみの把握となり、容体の急変に備えるため県が療養生活を見守る。

 従来通りに発生届を報告し、入院調整や健康観察などを受けるのは▷65歳以上▷入院を要する人▷重症化リスクがある人▷妊婦。報告対象とならない感染者の療養生活を見守るため、県は「とくしま健康フォローアップセンター」を26日に開設する。

 センターにウェブサイトや電話で自身の情報を登録すれば、希望に応じて健康観察や生活物資の支援が受けられる。医師や看護師による24時間体制の電話相談を20日から始めている。薬局の検査キットで陽性となり、診断が確定した人も支援する。

 感染者に関する県の発表内容も27日から変わる。性別や居住地、症状、クラスターの発生は公表しない。1日当たりの感染者数と年代の内訳、死亡者数、県民に警戒を促す「とくしまアラート」の指標である病床使用率などは引き続き公表する。午後1時の速報は廃止し、同4時の発表に一本化する。