政府、日銀が24年ぶりとなる円買いドル売りの為替介入に打って出た。日銀が大規模金融緩和の修正に動けない中、物価高を助長する円安への不満の高まりに「最終手段」の発動を迫られた形だ。ただ日米の金利差拡大による円安圧力が続く中で、介入は効果が限られるとの見方も市場には根強い。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。