75歳以上が加入する後期高齢者医療制度で、原則1割となっている窓口負担が10月1日から変わる。新たに2割負担の枠が設けられ、単身で年収200万円以上など一定の収入がある人が対象となる。全加入者の20%に当たる約370万人が該当する見込みだ。

 高齢者も負担能力に応じて支え手になってもらう「全世代型社会保障」の一環だが…