つるぎ町出身のロック歌手BILLY(ビリー)さん=東京都在住=が初めて監督と脚本を務めた主演映画「BUGS(バグズ)Ⅱ」が、10月2日の東京を皮切りに順次上映される。30億円相当の切手を巡って悪党たちが殺し合った「BUGS」(2019年)の続編。その十数年後が舞台で、前作の切手に30億円の宝石も加えた計60億円を巡って再び悪党たちが争奪戦を繰り広げる。PRのため徳島新聞社を訪れたビリーさんに、監督初挑戦のきっかけや映画製作の舞台裏などについて聞いた。

「BUGSⅡ」に関するインタビューに応えるBILLYさん=徳島新聞社

 前作に続き主人公「名無し」も演じるビリーさんは「前作の撮影を通じて、もっと世界に通用するアクション映画を作りたいと思った」と言う。前作を手掛けた井上眞介監督の勧めもあり、続編の構想を持って監督を志願した。「不安はゼロではなかったけど、監督をやりたいとの気持ちが勝っていた」と振り返る。井上監督からも「お前のやりたいようにやれ」と発破をかけられ、経験が全くないまま体当たりで挑んだ。

 キャストには大仁田厚さん、ルー大柴さん、嶋大輔さんら個性派がそろう。アクションシーンでは、大仁田さんが出演するのならと、有刺鉄線を巻いた「電流爆破バット」も使用。ビリーさんは「他の出演者は怖がってやらないので、作中では僕自身が大仁田さんと派手に殴り合っている」と見どころを語る。

映画「BUGSⅡ」の一場面
映画「BUGSⅡ」の一場面

 脚本はビリーさんが半年をかけて書き上げ、感性の赴くままに作品を完成させた。「こだわったのは人間ドラマ。単なるアクション映画ではなく、登場人物の背景を一人一人掘り下げて描いている。その人の気持ちになって怒ったり、悲しんだりして喜怒哀楽のジェットコースターに乗っているような作品になっている」とアピールする。

 ビリーさんは、映画にも数多く出演したミュージシャンの故内田裕也さんの元ボディーガードだった影響もあり、自分の思いを伝える手段として映画に強く関心を持っていた。井上監督との出会いをきっかけに俳優業に進出。11年の東日本大震災を機に始めたボランティア活動を通して「いつ自分がどうなるかわからない。やれる時にやりたいことをやろう」と考え、「BUGS」で映画製作にも乗り出し、プロデュースと主演を務めた。

映画「BUGSⅡ」の一場面

 ビリーさんにとって記念すべき初監督作の舞台あいさつは主要キャストを率いて、10月2日に東京・渋谷ユーロライブ、8~10の各日にはロケ地になった美馬市脇町の脇町劇場オデオン座で行う。その後も全国主要都市を回り、海外の映画祭へも積極的にエントリーしていくという。

 「つるぎ町や美馬市を中心に県内でもロケを行ったので、地元の人も親しみを持って見てもらえるのでは。殺し合いの映画ですが、R指定ではないので、いろんな年代の方々に楽しんでいただけるとうれしい」とファンへメッセージを送った。(植田充輝)

【BUGSⅡ舞台挨拶プレミアム上映】

渋谷ユーロライブ(東京)
10月2日 OPEN 18:00 START 18:30
登壇者:BILLY、猫ひろし、KoREDS 、佐伯孝彦
自由席¥3900- VIP ticket¥15000-残り僅か
※劇中の衣装を着たキャストとプロのカメラマンによる撮影
※登壇者の諸事情による変更の場合でも払い戻し不可

脇町劇場オデオン座(徳島)
10月8、9、10日 1部 OPEN 11:00 START 11:20/2部 OPEN 15:30 START 15:50
登壇者:BILLY、大仁田厚ほか
自由席¥3900- VIP ticket¥15000-
※劇中の衣装を着たキャストとプロのカメラマンによる撮影
※登壇者の諸事情による変更の場合でも払い戻し不可

イオンシネマワンダー名古屋(愛知)
10月16日(日) OPEN11:00 START11:20
登壇者:BILLY、歌田初夏(AKB48)大仁田厚、YOSHIYAxxx
自由席¥3900- VIP ticket¥15000-
※劇中の衣装を着たキャストとプロのカメラマンによる撮影 VIPは時間都合上限定枚数
※登壇者の諸事情による変更の場合でも払い戻し不可

イオンシネマ大井(埼玉)
10月23日(日) OPEN13:00 START13:20
登壇者:BILLY、猫ひろし、横山瑠郁
自由席¥3900- VIP ticket¥15000-SOLDOUT
※登壇者全員とプロカメラマンによる撮影
※登壇者の諸事情による変更の場合でも払い戻し不可

オフィシャル予約は☞お名前、枚数、券種、ご住所、電話番号を記載の上、
dragonff69@gmail.comまで