気さくな接客と丁寧な修理で年齢問わずファンが多い赤谷さん。「多くの方に助けられてここまでやってきました。自転車を通して地域に貢献していきたいです!」

気さくな接客と丁寧な修理で年齢問わずファンが多い赤谷さん。「多くの方に助けられてここまでやってきました。自転車を通して地域に貢献していきたいです!」

撫養町の自転車店から少し離れた大津町にある無料休憩所の「サイクルスポットUZU」。

撫養町の自転車店から少し離れた大津町にある無料休憩所の「サイクルスポットUZU」。

 鳴門市役所にほど近い場所で、地域密着型の自転車店を営む赤谷亮一さん(40・兵庫県出身、鳴門市在住)。テナント1室を借りて一人で始めた店は、4年が経った今では3名のスッタフが在籍し、両隣のテナントに拡張するほどに成長した。今では休みも取れないほどの忙しさだという赤谷さんだが、ここまでの道のりには紆余曲折があった。

 兵庫県で生まれ育った赤谷さん。幼少期からしていたサッカーに関する仕事に就こうと、高校卒業後は大型スポーツショップに就職。しかし、配属されたのは希望していたサッカー部門ではなく、畑違いのバイク部門だった。最初は興味を持てずにいたが、あるとき高級バイクが売れた。「たいした知識のない僕を信用して、高価な自転車を買ってくれたことが嬉しくて。それがきっかけで自転車の知識を深めていくようになりました」。

 次第にバイク部門では満足できなくなり、自転車専門の会社に転職。修理など技術も身につけ、20代後半で2店舗の店長を任されるまでに。順風満帆だったが多忙な日々に体調を崩し退職した。

 自由な時間ができ、ある時、癒しを求めて両親の実家がある徳島を訪れた。そこで立ち寄った鳴門には、海や渦潮、スタジアムなど、心惹かれるものがたくさんあった。「ここで暮らしたい」と思うようになり移住に踏み切った。心機一転、別の仕事をしようと考えていたが、ついつい道行く自転車が気になり、鳴門の自転車事情などを聞くうちに「やっぱり自分には自転車しかない。自転車を通して地域と関わっていきたい」と思うように。店舗を借りDIYで内装を仕上げ、修理と整備がメインの自転車店をたった1カ月ほどでオープンさせた。開店後ほどなくして、年配の女性が店を訪ねてきた。半年ほど前にたまたま通りかかったレストランの駐車場で自転車が壊れていたのを直してあげた人だった。「僕のことをずっと探してくれていたんです。嬉しかったなぁ。そんなに売上がなかった時期に、その女性は自転車のフルメンテナンスを依頼してくれて。人の優しさが沁みました」と当時を思い出す。

 そんな赤谷さんに1年半ほど前、転機が訪れる。TVで取り上げられて人気に火がついた、電池のいらないアシストギア「FREE POWER」の取扱店になったことだ。全国的に取り扱う店が少ないため、徳島県内だけでなく、香川や岡山からも問い合わせがくるようになった。それを機に「CYCLE SPACE UZU」の存在が知られるようになり、新たな仕事に広がっていった。鳴門市や鳴門市青年会議所から自転車に関する仕事を依頼されたり、サイクルステーション設置のアドバイスを求められたり。オリジナルの自転車ラックのオーダーなど地域の仕事が舞い込むようになった。

 今年3月にはサイクリストが気軽に集まって情報交換できる場所「CYCLE SPOT UZU」を鳴門市大津町に開設。開放的なワンフロアに大きなテーブルとくつろげるソファを置いた無料休憩所で、BMXやキッズバイクの展示コーナーも。外にはパンクの修理キットや工具を販売する自動販売機も設置している。オープン以降、県内外から立ち寄るサイクリストの様々な交流が生まれているとか。現在は土日の昼間のみのオープンだが、ゆくゆくはもっと利用時間を増やす考えだ。「ツアーの集合場所として使ってもらったり、イベントなども開催していきたい。大鳴門橋の桁下空間を自転車道にしようという計画があり、サイクリストたちを鳴門に迎え入れる場所にできれば」と赤谷さん。鳴門から広まるサイクル熱は、まだまだ高まりそうだ。

CYCLE SPACE UZU(ユージーユー)
徳島県鳴門市撫養町斎田東発36-1
088-679-4639
営業時間=10:00~19:00
定休日=水曜休

駐車場:あり
多機能トイレ:なし
Wi-Fi:あり
キッズスペース:なし
開店:2018年

CYCLE SPOT UZU
徳島県鳴門市大津町木津野仲ノ越84-5
営業時間=9:00~14:00
土日のみ利用可