県が新ホール整備に合わせて設置を目指すJR牟岐線の新駅について議論するシンポジウムが23日、徳島市のあわぎんホールで開かれた。約60人が参加し、賛否両方の声が上がるなど活発に意見交換した。県や徳島市の情報公開については「不十分」という指摘が相次ぎ、複数の人が「行政がオープンな議論の場を設けるべきだ」と要望した。

 意見交換に先立ち、徳島大の田口太郎准教授(地域計画)と小川宏樹教授(都市・建築計画)が、まちづくりの視点から新駅計画について解説した。

 「歩いて暮らせるまち」を目指すべきだという点では2人の意見は一致。その上で新駅について、田口准教授は…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。