3年ぶりに新型コロナウイルス禍の行動制限のないお盆に行われた徳島市の阿波踊りで、踊り手ら800人超のコロナ感染が判明した。感染経路は不明で、徳島県はクラスター(感染者集団)とは認定していない。一方、踊り手らは屋外で観客を入れた演舞の復活に湧き、主催者側からは「今年開催しなければ伝統の継承が難しかった」との声が漏れる。

 「(踊り手に)たくさん感染者が出たことが一番ショックだ」…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。