漫画『いくさの子 織田三郎信長伝』完結

 漫画『いくさの子 織田三郎信長伝』(原作:北原星望、漫画:原哲夫・熊谷雄太)が、24日発売の連載誌『月刊コミックゼノン』11月号で最終回を迎え、2010年の連載スタートから12年の歴史に幕を下ろした。

【画像】どんな漫画?圧倒的な画力…「北斗の拳」作者が描いた織田信長

 同作は、「北斗の拳」、「花の慶次」、「蒼天の拳」でおなじみの漫画家 原哲夫氏が描く戦国大河漫画で、今まで語られる事がなかった織田信長の幼少期を題材に描いたストーリー。

 完結記念企画として同誌では、北原氏と原氏のインタビューが8ページにわたり掲載。さらに、原氏が手がけた歴代主人公集結のイラストが、NFT原画&ポストカード付録としてついている。

■あらすじ
 織田信長は、母の胎内でいくさの声を聞いた。生まれては、いかなる刹那も戦い続けた。信長にとって、いくさ場はまさに揺りかご。すべてのことはいくさから学んだ。信長は、まぎれもなく「いくさの子」であった。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。