築50年の趣を活かしてリノベーション。インダストリアルな空間を、天窓からの陽光とペンダントライトが暖かく照らす。

築50年の趣を活かしてリノベーション。インダストリアルな空間を、天窓からの陽光とペンダントライトが暖かく照らす。

 ベイサイドに倉庫が建ち並ぶ万代中央ふ頭、十字路に面するひときわ重厚な一棟。ガラス張りの扉を開くと、開放的でスタイリッシュな空間が広がる。ここは、いくつものショップやオフィスが同居する複合施設「第一倉庫」。今年5月に誕生し、早くもランドマークとしての存在感を放っている。

 「約20年前、ふ頭の再生を始めるきっかけとなったのがこの場所なんです」と、同エリアで水辺のまちづくりを行うNPO法人アクア・チッタ理事長の岡部恭子さん。「ゴミだらけながら川に向かうロケーションが素敵で『いい所なのに、もったいないなぁ』という想いが、その後の活動に繋がっていきました」。第一倉庫の空間デザインやレイアウトなどは、岡部さんがトータルプロデュース。築50年以上の倉庫をリノベーションし、人々が集う場所へと生まれ変わらせた。

 シェアショップスペースとマルチスペースからなる店内。現在、シェアショップスペースには、ヴィンテージセレクトショップ「COCO MONO」、リラックス効果のあるオイルやバームを取り扱う「CBD」、工務店「エソラハウス」のショールーム兼オフィス、アイラッシュサロン「Cuti」、観葉植物が豊富な「Decor GREEN」が入居する。オープンキッチンを備えるマルチスペースでは、これまでにコーヒー教室やレジンのワークショップなどを開催。シェアショップスペースの空き区画とマルチスペースは、どちらも1日単位で利用できる(希望者は問合せを)。

 「目的がなくてもふらっと遊びに来て、ゆっくり過ごしてもらえるような場所にしたい」と岡部さん。自らも徳島の食品雑貨をセレクトし、一角の棚づくりに励んでいる。10月には、万代中央ふ頭全体を使った「ジャパンコーヒーフェスティバル」や第二倉庫アクア・チッタでの「トリコロール映画祭」が開催予定。この機会にぜひ足を運んで、万代中央ふ頭の今を体感しよう。

【イベント開催予定】
10/22(土)、10/23(日)※時間未定
Japan Coffee Festival 2022

場所=万代中央ふ頭(徳島市万代町5)
料金=前売券、当日券あり(予定)

10/29(土)、10/30(日)12:00~17:00
トリコロール映画祭

場所=第二倉庫アクア・チッタ(徳島市万代町5-71-4)
料金=入場無料

コミュニティスペース 第一倉庫
徳島市万代町5-71-5
088-655-3060(ユニフォーク)
営業時間=11:00~19:00
定休日=水曜休

駐車場:あり
多機能トイレ:あり
Wi-Fi:あり
キッズスペース:なし
開店:2022年5月27日