佐那河内村にあるJA徳島市の農産工場。事務所に上がるための扉を開けると、すがすがしい独特の香りが漂ってくる。1日10~15トンの果汁を生産する搾汁作業が行われ、2022年は9月7日から始まった。

 JA徳島市では、収穫されるスダチのうち約6割が加工用で、例年500~600トンを生産している。22年は収穫量が少ないため、300トン前後にとどまりそうだという。