天体の衝突で人類が大ピンチに―。これは決して荒唐無稽な話ではない。地球に接近する天体は少なくとも3万個に上る。約6600万年前には直径約10キロの隕石(いんせき)が衝突し、恐竜などが大量絶滅したとされる。これとは比べものにならないほど小さくても衝突の被害は深刻で、地球の防衛は現実的課題だ。