東京六大学野球リーグ第3週第3日は27日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、慶大が立大に延長十回、4―1でサヨナラ勝ちし、2勝1分けで勝ち点1とした。立大は勝ち点なし。

 慶大は一回に重盗で先制し、十回に山本が決勝の3点本塁打を放った。立大は四回に追い付いたが、その後の好機を生かせなかった。