鳴門教育大卒の作家で作詞家の高橋久美子さん(40)=愛媛県出身、東京都在住=が10月2日、作家活動10周年の集大成的エッセー集「一生のお願い」の刊行記念イベントを、徳島市東新町1のイベントスペース「OLUYO(おるよ)」で開く。OLUYOを運営するミュージシャン福岡晃子さん(39)=徳島市出身=が企画した。徳島ゆかりのバンド・チャットモンチーで7年半にわたって音楽活動を共にした2人の直接対面トークも4年ぶりに実現する。

高橋久美子さん
福岡晃子さん

 イベントは2部構成の予定。1部は、高橋さんが8月に発表した最新刊「一生のお願い」の制作秘話を語り、詩の朗読も行う。2部では福岡さんと対談し、高橋さんがチャットモンチーを脱退して以降、別々の道を歩んだお互いの10年を振り返る。高橋さんが現在取り組んでいる地元愛媛と東京の2拠点生活や農業などについても話す。

 高橋さんは福岡さんとの対談に向けて「『徳島生活はどんなかな?』とまず聞きたい」と言う。福岡さんが2020年に再び徳島へ居を移したことを踏まえ、「あっこちゃん(福岡さん)は自分の実家の街とは違うところに移住していて、私は逆に実家に住みながら実家の畑で農業をし、さらに東京との2拠点生活をしている。その辺の共通点や違いなども話したい」と期待を膨らます。
 その上で「近所の人と話しする感じで、ほんとにフランクに時間を過ごしたいし、お客さんにもリラックスして楽しんでもらいたいです」と語った。

 福岡さんは「互いに別の道を歩んで10年がたっても、再びこうして同じ場所に立つ機会があるなんて、人生って本当に面白いなと思います。ぜひ、たくさんの方とこの時間を共有できたらなと思います」と参加を呼び掛けている。(植田充輝)

 当日は午後1時開始。途中の休憩時間やイベント終了後には、高橋さんの著書の販売とサイン会も行う。会費2千円で、申し込み先着順。
申し込みや問い合わせはOLUYO、メールoluyo2016@gmail.com