徳島市の今夏の阿波踊りに参加した踊り手ら819人が新型コロナウイルス感染症になっていたことについて、内藤佐和子市長は28日、全員の感染経路を完全に確認する方法がないことなどを理由に「阿波踊りが感染源かどうか分からない。踊りだけを要因とするのは違う」とし、阿波踊りによる感染拡大を否定した。今後の検証については「踊り手の団体から出ている意見を聞きながら、改善できる部分は改善していけばいい」と述べた。

 市長はこの日の定例会見で、四国4県、全国それぞれの感染者数の推移を示すグラフを提示。「いずれも…