伊藤郁女さん((C)ANAIS・BASEILHAC、カンパニーHIME提供・共同)

 伊藤郁女さん((C)ANAIS・BASEILHAC、カンパニーHIME提供・共同)

 【パリ共同】フランス文化省は28日、同国東部のストラスブール・グランテスト国立演劇センター「TJP」のトップである次期ディレクター(監督)に日本出身の舞踊家・振付家、伊藤郁女さんを任命することをアブドルマラク文化相が承認したと発表した。来年1月1日に就任する。

 伊藤さんは幼少期からクラシックバレエを習い、ニューヨークで現代舞踊を学んだ。有名振付家らの作品に参加し、2015年にフランスで自身のカンパニー「HIME(ヒメ)」を結成。国際的に活躍し、日本でも創作作品を上演している。

 伊藤さんは、TJPを全世代に向けた多様な舞台の場としたいとしている。