29日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=144円台前半で取引された。

 午前10時現在は前日比29銭円高ドル安の1ドル=144円26~28銭。ユーロは1円31銭円安ユーロ高の1ユーロ=139円76~82銭。

 前日に米長期金利が低下したことを受け、ドルを売って円を買う動きが優勢となった。

 市場では「145円が近づくと為替介入への警戒感も出てくるため、積極的に円を売る動きは限られた」(外為ブローカー)との声が聞かれた。