ブルージェイズ戦の7回、61号2ランを放つヤンキースのジャッジ=トロント(ゲッティ=共同)

 ブルージェイズ戦の7回、61号2ランを放つヤンキースのジャッジ=トロント(ゲッティ=共同)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(ゲッティ=共同)

 ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手が28日、トロントでのブルージェイズ戦で3―3の七回に61号2ランを放ち、1961年のロジャー・マリス(ヤンキース)のア・リーグ記録に並んだ。

 シーズンの本塁打記録では歴代7位。最多は2001年のバリー・ボンズ(ジャイアンツ)の73本。

 三冠王も視野に入れるジャッジはア・リーグの最優秀選手(MVP)争いで、エンゼルスの大谷翔平とともに有力候補になっている。