上品な甘い香りを境内に漂わせるギンモクセイ=つるぎ町貞光の東福寺

上品な甘い香りを境内に漂わせるギンモクセイ=つるぎ町貞光の東福寺

 つるぎ町貞光の東福寺でギンモクセイの白い花が咲き始め、境内に上品な甘い香りを漂わせている。

 2006年に町天然記念物に指定され、高さ約8メートル、幹回りは約1・4メートル。山門の南側に植えられており、四方に力強く広がる枝には淡いクリーム色の小さな花が無数に咲いている。台風の影響を受けなければ今週いっぱいが見頃。

 沖田憲信住職は「例年より1週間ほど開花が遅いが、しっかりと花が咲いた」と話した。